コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオスシアミン ヒオスシアミン hyoscyamine

翻訳|hyoscyamine

1件 の用語解説(ヒオスシアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオスシアミン
ヒオスシアミン
hyoscyamine

C17H23NO3ヒヨスベラドンナなどのナス科植物に含まれるアルカロイドの一種。無色針状晶で,アルコールから再結晶。散瞳・鎮痙作用を有する。 dl-ヒオスシアミンはアトロピンといわれ,その硫酸塩は副交感神経遮断剤として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒオスシアミンの言及

【アトロピン】より

…ナス科の植物のベラドンナチョウセンアサガオハシリドコロなどの根や茎からとられたアルカロイド。天然にはl‐ヒオスシアミンとして存在するが,抽出によってラセミ(dl‐)体となる。このラセミ体のdl‐ヒオスシアミンをアトロピンという。…

※「ヒオスシアミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒオスシアミンの関連キーワードアトロピンベラドンナ陶山宮部ドンナラドン二二〇天然ラドン ななやまの水ハシリドコロヒヨスチアミン天麩羅丼

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone