コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒキオコシ(引起) ヒキオコシ Isodon japonicus

2件 の用語解説(ヒキオコシ(引起)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒキオコシ(引起)
ヒキオコシ
Isodon japonicus

シソ科の多年草で,アジア東部の温帯に分布する。北海道南部より南の日本各地の山野のやや乾いたところに生える。茎は四角柱状で 50~100cmとなり,下向きの細毛が密生する。葉は対生し,長さ 10~15cmの広卵形で脈上に細かい軟毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒキオコシ【ヒキオコシ(引起) Rabdosia japonica (Burm.) Hara】

やや乾いた山の草地や道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は直立して分枝し,四角形で高さ1m内外に達する。葉は対生し,広卵形で長さ6~15cm,縁は鋸歯があり,翼のある葉柄がある。9~10月ころ,茎の上部に大型の円錐花序をつくり,まばらに淡紫色の小さい花をつける。花冠は2唇形で長さ5~7mm,上唇は立ち上がって4裂し,中央部に紫色の細点がある。下唇は舟形でまっすぐ前につき出る。北海道,本州,四国,九州,朝鮮に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒキオコシ(引起)の言及

【民間薬】より

…千たび振り出し(湯につけて成分を浸出させること)てもまだ苦いというところから名づけられたセンブリは,苦味健胃薬として広く愛用されているが,スベルチアマリン,スペロサイド,アマロゲンチンなどの有効成分の存在が確かめられている。ヒキオコシは倒れた病人を起き上がらせるの意味で名づけられたといわれ,弘法大師が死にかけた旅人の命をこの薬草で救ったといわれるところから延命草の別名がある。この成分はすでに13種が決定されており,その代表的化合物はエンメインと名づけられている。…

※「ヒキオコシ(引起)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒキオコシ(引起)の関連キーワード金瘡小草笹草塔花薙刀香薷姫射干立忍ジュウニヒトエヤマジソムシャリンドウヤマハッカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone