コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健胃剤 けんいざいstomachic

翻訳|stomachic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

健胃剤
けんいざい
stomachic

胃の働きを調節したり,促進したりする薬剤の総称。消化剤の意味も含ませていることが多い。医事統計上は,胃腸障害あるいは胃に関連した異常感が,常に受診動機の 70%をこえる。原因も症状もまちまちのため,使用する胃剤の種類も複雑であるが,大別すると,(1) 制酸剤,(2) 酸剤,(3) 苦味 (刺激) 剤,(4) 保護剤 (粘膜) ,(5) 酵素,酵母剤,(6) ストレス緩和剤になる。このなかで,制酸剤と苦味剤,酸剤は薬理作用が相反するから,家庭内での使用には注意を必要とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

健胃剤の関連キーワードキダチアロエ(木立アロエ)テンダイウヤク(天台烏薬)バイカオウレン(梅花黄連)ハナミョウガ(花茗荷)ニガヨモギ(苦艾)サンショウ(山椒)ヒキオコシ(引起)ミツガシワ(三槲)センブリ(千振)セッコク(石斛)ダイオウ(大黄)リンドウ(竜胆)ウコン(鬱金)ニガキ(苦木)メギ(目木)ベルベリン苦味チンキコロンボ根アネトールカルダモン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

健胃剤の関連情報