コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒサマツミドリシジミ ヒサマツミドリシジミ

2件 の用語解説(ヒサマツミドリシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒサマツミドリシジミ
ヒサマツミドリシジミ

ミドリシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒサマツミドリシジミ
ひさまつみどりしじみ / 久松緑小灰蝶
[学]Chrysozephyrus hisamatsusanus

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。本州、四国、九州の山地から低山地に分布し、日本の特産種。本州における分布の東限は、太平洋側では神奈川県足柄上(あしがらかみ)郡、日本海側では新潟県西頸城(にしくびき)郡。和名のヒサマツミドリシジミは最初に発見された鳥取市久松(きゅうしょう)山に基づくもので、「ヒサマツ」はキュウショウの読み替え。はねの開張は34ミリ内外。雄の翅表は金属様黄緑色、雌の翅表は黒褐色、前翅基半に紫色斑(はん)と中央部に小さい橙(とう)色斑がある。裏面の斑紋に著しい特徴があり、とくに後翅裏面白帯の後端がV字状をなすこと、そのほかの特徴によって近似種から容易に見分けられる。年1回の発生、6、7月から出現するが、雌は10月まで生き残り、秋に産卵する。卵態で冬を越し、翌春食樹の芽立ちと同時に卵はかえる。幼虫のおもな食樹は、ブナ科のウラジロガシ、アカガシ、ときにツクバネガシ、イチイガシ、コナラからも卵が発見される。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone