コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロコルチゾン hydrocortisone

翻訳|hydrocortisone

デジタル大辞泉プラスの解説

ヒドロコルチゾン

薬に含まれる成分のひとつ。ステロイド性抗炎症作用があり、アレルギー用薬、皮膚塗布薬などに含有

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ヒドロコルチゾン【hydrocortisone】

副腎皮質ホルモンの一。抗炎症作用を利用し、各種の炎症性アレルギー性疾患などに用いる。コルチゾール。ハイドロコーチゾン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドロコルチゾン

ハイドロコーチゾン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヒドロコルチゾンの言及

【コルチゾン】より

副腎皮質ホルモンの一つ。副腎皮質ホルモンのうち天然ホルモンとして医薬品に実用化されているのは,コルチゾンとヒドロコルチゾンである。とくにコルチゾンは,1949年ヘンチP.S.Hench,ケンダルE.C.Kendallらによって,リウマチ関節炎患者に対する劇的効果が報告され,内分泌研究・治療のうえで歴史的に有名になったホルモンである。…

※「ヒドロコルチゾン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒドロコルチゾンの関連キーワードステロイド外用剤の使い方と副作用副腎皮質ホルモン剤副腎皮質ホルモンコルチコステロンクッシング症候群インドメタシンホルモン剤コルチゾン軟膏剤鎮痒剤奇形