コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマサン

2件 の用語解説(ヒマサンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒマサン

エリサンとも。鱗翅(りんし)目ヤママユガ科。インド北東部でシンジュサンを飼育して作出した一品種。シンジュサンに似るが小さく,赤みが強く,白条が明瞭。開張110mm内外。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒマサン
ひまさん / 蓖麻蚕
eri-silkworm

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。インドから中国大陸を経て日本にまで分布するシンジュサンの飼養品種で、インドのアッサム地方で絹糸をとる目的から、ヒマによって長年飼育されている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒマサンの言及

【シンジュサン(樗蚕)】より

…日本全国,朝鮮半島,中国から東南アジアに広く分布し,北アメリカでは中国からもってこられたものが野生化しており,キャンピングカーの普及とともに,卵やさなぎが運ばれ,全国的に分布が広がってしまったという。 エリサン,あるいはヒマサンと呼ばれる飼養品種は,インドのアッサム地方で繭から糸をとる目的で昔から飼育されていたもので,日本,台湾,ヨーロッパの一部に絹糸虫として移入されたが,実用的には重視されず,現在では一部で実験用に飼われているにすぎない。原産地では年5回くらい飼育され,アリンディ絹糸という名で利用されているという。…

※「ヒマサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒマサンの関連キーワード樟蚕サントメプリンシペ眉頭ミエリン鞘山繭山繭糸山繭紬神樹蚕眉書山繭織

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone