ヒメウラボシ(英語表記)finger fern

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメウラボシ【finger fern】

霧のよくかかる山頂付近で雲霧林のようにコケのついた樹の幹などにつくヒメウラボシ科の小型の常緑性シダ(イラスト)。小型のウラボシ(葉裏の円い胞子囊群が星のようにみえることからシダの意に使われる)の意でこの和名がつけられた。短い根茎に,線形から線状披針形で,長さ2~8cmの葉を叢生(そうせい)する。葉は全縁か,多少波状縁,葉質は厚いがもろく,全面に赤褐色剛毛がある。葉脈は単生または二叉(にさ)分枝し,前側の短い枝の先端近くに円形か,少し崩れて楕円形になる胞子囊群をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android