コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャクナゲ(姫石南花) ヒメシャクナゲAndromeda polifolia; wild rosemary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシャクナゲ(姫石南花)
ヒメシャクナゲ
Andromeda polifolia; wild rosemary

ツツジ科の常緑小低木。北海道,本州の中部地方以北をはじめ北半球寒地に広く分布し,高山湿地に生える。茎の高さ 10~30cmで,枝は細く直立する。全株無毛で,葉は短い柄があってまばらに互生し,長さ1~3cmの披針形下面は粉白色である。6~7月頃に,小型で淡紅色の花を横向きにつける。花冠は壺状である。 蒴果は扁球形で,径3~4mmあり,熟すると裂開する。花が可憐なためしばしば山草として愛好家に栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメシャクナゲ(姫石南花)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android