コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシラスゲ(姫白菅) ヒメシラスゲCarex mollicula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシラスゲ(姫白菅)
ヒメシラスゲ
Carex mollicula

カヤツリグサ科の多年草。日本全土,朝鮮半島南部,千島に分布し,深山樹下に生える。細長い根茎がある。茎はまばらに叢生し高さ 15~30cm。葉は幅広い線形で軟弱である。花は5~7月に,3~6個の小穂が茎の上部に集ってつく。頂小穂は線形の雄花で淡緑色,側小穂は短円形の雌花である。下方の包片は葉状となり,鞘はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒメシラスゲ(姫白菅)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android