ヒメシロカゲロウ(読み)ひめしろかげろう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメシロカゲロウ
ひめしろかげろう / 姫白蜉蝣
[学]Caenis sp.

昆虫綱カゲロウ目ヒメシロカゲロウ科の1属の昆虫の総称。ヒメカゲロウまたはケーニスカゲロウなどは異名。学名の種小名にhorariaがあてられたこともあるが誤り。きわめて小形のカゲロウで、翅脈(しみゃく)は単純。6月ごろおびただしく羽化することがある。幼虫は湖沼などにすみ、腹部第2節目のえらがとくに大きくなっていて背上を覆い、残りの鰓葉(さいよう)を隠している。幼虫の尾は3本。この科Caenidaeのカゲロウはあまり研究されておらず、幼虫が河川にすむものも含めて、日本にこの仲間が何種いるかもわかっていない。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android