コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かげろう カゲロウ

デジタル大辞泉の解説

かげろ・う〔かげろふ〕

[動ワ五(ハ四)]《名詞「かげろう(陽炎)」の動詞化》
姿などがちらちらする。ちらっと見える。
「敵意の外に、まだ認めなければならない或物が其所に―・った」〈漱石明暗
光がほのめく。ひらめく。 春》「ギヤマンの如く豪華に―・へる/茅舎
「松のたえまより、わづかに月の―・ひて見えけるを見て」〈山家集・下・詞書〉
日がかげる。陰になる。
「秋寒き夕日は峰に―・ひて岡の尾花に風すさぶなり」〈風雅・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

かげろうの関連キーワード水戸黄門外伝 かげろう忍法帖水戸黄門〈第24部〉水戸黄門〈第23部〉水戸黄門〈第15部〉水戸黄門〈第26部〉水戸黄門〈第19部〉水戸黄門〈第18部〉水戸黄門〈第22部〉水戸黄門〈第28部〉水戸黄門〈第17部〉水戸黄門〈第27部〉水戸黄門〈第21部〉水戸黄門〈第16部〉水戸黄門〈第25部〉多武峰少将物語星のまたたき熱レンズ効果第十四循環きのうの空伊弉冉景気

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かげろうの関連情報