ヒメダニ(読み)ひめだに(英語表記)soft tick

  • ひめだに / 姫蜱

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ形綱ダニ目ヒメダニ科Argasidaeの大形ダニ類の総称。分類学上マダニ科およびほかの特殊な1科とともにマダニ亜目を構成する。一般にマダニ科のものより大きく、体表は軟らかくて細かい凹凸に富み、背甲板をもたない。口は腹面にあって背側から見えず、雌雄の区別は困難である。鳥類と哺乳(ほにゅう)類のコウモリの寄生者で、世界に広く分布するニワトリヒメダニは、ニワトリのスピロヘータ症を媒介し、アフリカではヒトや家畜を襲い、回帰熱を媒介するものがある。日本ではイワツバメとコシアカツバメに寄生するツバメヒメダニ、コウモリ類に寄生するコウモリマルヒメダニが、ときに人家に侵入して就寝中のヒトを吸血することがあるほか、海鳥に寄生するクチビルカズキダニと、その近縁種の計4種が知られている。

[山口 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android