コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメヒトデ ヒメヒトデ Henricia nipponica

1件 の用語解説(ヒメヒトデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメヒトデ
ヒメヒトデ
Henricia nipponica

棘皮動物門ヒトデ綱有棘目エキナステル科。腕長 2cmほどの小型のヒトデで,体色は赤,褐色,黒褐色など,色彩に変異が多い。体の背面は網目状で,腕は細く,先端方向へとがる。春夏の繁殖時に雌は各腕を腹側に曲げて卵塊を抱き,卵が幼形になるまで哺育する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメヒトデの関連キーワード管足棘皮動物蜘蛛海星手蔓藻蔓動物界海星モナステルリ橋魚介類ニチリンヒトデ(日輪海星)ヒトデ(海星∥人手)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone