コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメリオス Himerios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメリオス
Himerios

[生]310頃.ビチュニア,プルシアス
[没]386頃
ギリシアの弁論家。アテネで学び,ユリアヌス帝に招かれてアンチオキアで弁論術を教授した。現存する演説 24編と多くの断片は,華麗な,韻文に近い文体をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメリオスの関連キーワード議決権コンスタンティヌス(大帝)劉淵コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイア劉淵劉淵エウセビウスオゾン層

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android