コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュルカノス[2世] Hyrkanos II

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュルカノス[2世]【Hyrkanos II】

?‐前30
ユダヤのマカベア(ハスモン)家の王,大祭司。在位,前67年,前63‐前40年。前76年母アレクサンドラの女王就任後大司祭となり,母より後継王に指名されたが,母の死後まもなく弟アリストブロス2世に王位と大祭司職を奪われた。ナバテア王アレタス3世とアンティパトロスに助けられて弟と争っているところへローマ軍が介入,ポンペイウスのおかげで前63年のエルサレム陥落後大祭司に任命された。しかしその領土はローマの属国となり,統治の実権はしだいにアンティパトロスとその2人の息子の手に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android