ヒョウヒダニ(読み)ひょうひだに

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヒョウヒダニ」の解説

ヒョウヒダニ
ひょうひだに / 表皮蜱
house dust mite
[学] Dermatophagoides spp.

節足動物門クモ形綱ダニチリダニ科の1属の総称。体長0.3~0.4ミリメートルで褐色を帯び、毛が少なくて滑らかなダニ。哺乳(ほにゅう)類や鳥類の表皮からの落屑(らくせつ)物、小形節足動物の死骸(しがい)や脱皮殻を食べて繁殖する。そのため、動物の巣内や人家の居室内に多い。ヒトと密接な関係をもつものは、コナヒョウヒダニD. farinaeとヤケヒョウヒダニD. pteronyssinusの2種類で、室内塵(じん)を電気掃除機で集めて検査すると、たいていの家からみつかる。衣類や寝具についていたり、毛皮、羽毛製品中で発生するほか、バスの座席からもみいだされている。

 これらのダニの死骸と糞(ふん)が抗原となって、気管支喘息(ぜんそく)、鼻炎などのアレルギー性呼吸器疾患を引き起こす。ヒョウヒダニのことをチリダニとよぶ学者もいるが、この呼称が慣用されることはない。また、まったく別のダニ類の科名としてヒョウヒダニ科が用いられているので、混同してはならない。

[内川公人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒョウヒダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…貯蔵食品にはコナダニ,ニクダニ,サトウダニが発生し,なかでもケナガコナダニは食品以外に畳に大発生することがしばしばある。室内塵の中にはチリダニ(ヒョウヒダニ)が生息し,アレルギー性の気管支喘息の原因になることが判明した。樹木や農作物の大害虫として各種のハダニ(俗にアカダニと呼ばれる)が知られている。…

【チリダニ】より

…無気門亜目チリダニ科Pyroglyphidaeに属する小さなダニの総称。この科に含まれるヒョウヒダニ属Dermatophagoidesの各種は世界に広く分布し,その発生源も,動物の巣や体,貯蔵食品,医薬品,室内塵,ヒトの皮膚や頭髪に見いだされたり,人尿や喀痰(かくたん)に検出されたり多岐にわたる。体長0.1~0.4mm。…

※「ヒョウヒダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android