コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタチャタテ(扁茶拄) ヒラタチャタテLiposcelis bostrychophilus

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタチャタテ【ヒラタチャタテ(扁茶拄) Liposcelis bostrychophilus】

チャタテムシ目コナチャタテ科の微小昆虫。体長約1mm。体は淡褐色。全体に扁平で頭部がとくに大きく,糸状の長い触角を前方にのばす。複眼はなく,小眼の集合がある。後脚基部が幅広く三角形。歩行はすばやい。多湿で暗い家の中にすみ,貯蔵食品類,菌類を食べる。本ののりをかじるのでbookliceとも呼ばれる。処女生殖を行い,新築住宅の畳,家具,装飾品などに夏から秋にかけて大発生することがある。【堤 千里

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android