ヒラムシ類(読み)ヒラムシるい(英語表記)Polycladida; sea-planarian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラムシ類
ヒラムシるい
Polycladida; sea-planarian

扁形動物門渦虫綱多岐腸目に属する動物の総称。体長 0.5~5cm。体は扁平,左右相称で,幅広い葉状のものが多い。体腹面は繊毛でおおわれていて,これを動かして潮間帯の石の下などをはう。腹面中央に口が開き,ここから細長い咽頭を出して物を食べる。咽頭に続く腸は放射状に分れ,体の周辺にまで達しているが,その末端はどれも袋状になっていて,肛門がなく,不消化物は再び口から排泄される。1対ないし多数の単眼をもつ。雌雄同体。日本ではウスヒラムシツノヒラムシニホンヒラムシなど 150種以上が知られている。すべて海産,肉食性。養殖ガキに大害を与える種類もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android