コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単眼 たんがんsimple eye; ocellus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単眼
たんがん
simple eye; ocellus

節足動物のうちおもに昆虫類にみられる小型の眼。複眼とともに存在するかまたはこれに代るものとして存在する。多くは頭部に3個が三角形に位置している。構造は複眼の個眼に類似し,特に明暗に反応する器官とされている。昆虫類以外ではクモ類多足類カブトガニなどにもあり,クモ類では頭胸部背面に8個存在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

単眼【たんがん】

節足動物にみられる小型で簡単な構造の眼。昆虫では頭部に3個の単眼が三角形に配列され,クモ類では頭胸部に8個,多足類やカブトガニにもある。また甲殻類幼生のノープリウス眼も単眼の一種。
→関連項目昆虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんがん【単眼】

昆虫の成虫にみられる複眼とは異なる簡単な構造の眼や,完全変態する昆虫の幼虫の眼を単眼ocellus(複数形はocelli)という。成虫単眼は背単眼dorsal ocellus,幼虫単眼は側単眼lateral ocellusともいう。成虫単眼は前額部に2個または3個ある。一つの単眼は一つのレンズの下に多数の視細胞が集まり,これがすぐに数個の二次ニューロンとシナプス結合して収れんするので形態視や運動視の機能はなく,ただ明暗が識別できるだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんがん【単眼】

昆虫類・クモ類・多足類にみられる小形で単純な構造のレンズ眼。皮膚に突出したレンズ状の角膜と、若干の視細胞の集合した小網膜とからなり、主に明暗に反応する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単眼
たんがん

節足動物とくに昆虫にみられる小形で単純な形の目をいう。昆虫には大形のよく発達した複眼があり、この単眼をあわせもつものが多い。昆虫の成虫の単眼は背単眼とよばれ、三角形に配置された3個からなり、そのうちの頂点にある1個は2個が融合したものである。単眼は外側から、レンズ状のキチン角膜、角膜形成層、数個の視細胞が感桿(かんかん)を囲んでできた小網膜からなる。明暗によく反応し、光の有無や明暗周期の検知器官として働いていると考えられている。幼虫の単眼は側単眼といわれ、成虫の複眼にあたる。昆虫以外では、クモ類、多足類やカブトガニにもみられ、甲殻類の幼生のノープリウス眼も単眼である。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の単眼の言及

【目∥眼】より

…目は,体の正中線またはその近くにある中央眼と体の両側方にある側眼に大別される。爬虫類や円口類の顱頂眼(ろちようがん)や昆虫成虫の背単眼が中央眼である。
【動物の目】

[無脊椎動物]
 無脊椎動物の目の構造や機能は,種類によって大きく異なっている。…

※「単眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単眼の関連キーワードカブトガニ(兜蟹∥甲蟹∥鱟魚)シロアリモドキ(擬白蟻)メクラカメムシ(盲亀虫)オオヨコバイ(大横這)ホシカメムシ(星亀虫)ハナカメムシ(花亀虫)グンバイムシ(軍配虫)ムカデ(蜈蚣∥百足)オオムカデ(巨蜈蚣)チチイロウスヒラムシサシガメ(刺亀)ガガンボ(大蚊)ニホンヒラムシユーリプテリスポリュフェモスヒラタカメムシチャタテムシ類飛蝗目・蝗虫目サソリモドキクモ(蜘蛛)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単眼の関連情報