コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロキティア Khoirokoitia

デジタル大辞泉の解説

ヒロキティア(Khoirokoitia)

キプロス島の南岸、マロニ川西岸丘陵にある新石器時代の遺跡。紀元前7000~前4000年頃の集落の跡と墓地が残されている。住居は藁(わら)や日干し煉瓦(れんが)と石で造ったとみられ、大きさは直径2~3メートルから10メートルとさまざまで、復元住居も造られている。墓地からは、偶像や祭礼用の什器(じゅうき)などの副葬品が出土した。1998年に、世界遺産(文化遺産)に登録された。キロキティア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヒロキティアの関連キーワードキプロス島キプロス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android