コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンク Hans Ernst Kinck

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンク【Hans Ernst Kinck】

1865‐1926
ノルウェー新ロマン主義文学の代表的小説家。自然主義で出発したが,1894年のパリ滞在後,幻想と象徴の豊かな作風に転じて短編集《コウモリの羽》(1895)を出した。《愛の失せる時》(1903),《いのちの精》(1906)などはエロティシズム表現にすぐれる。長編《ヘルマン・エク》(1896‐98)は農民文化と都会文化の衝突が主題。文学的集大成は三部作《雪崩》(1918‐19)である。戯曲もマキアベリの悲劇を描く《カーニバルに向かって》(1915)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒンクの関連キーワードフェレーニヒンクトランスバール南アフリカ戦争オレンジ自由国ハンメル図法ヒンクマールサマセット県アッシリア学10月11日10月7日ハウテン州原始美術バール川レオ4世ラッセル空間時間

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒンクの関連情報