コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥー教建築 ヒンドゥーきょうけんちく Hindu architecture

1件 の用語解説(ヒンドゥー教建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンドゥー教建築
ヒンドゥーきょうけんちく
Hindu architecture

ヒンドゥー教の信仰,儀礼に関連する建築の総称。通常は寺院の建築をいう。インド亜大陸において4~5世紀頃から発展し,7世紀頃,東南アジアへも伝播した。北インドでは 12~13世紀が全盛期で,以後イスラムの優勢化とともに沈滞したが,南インドでは 16~17世紀にいたって特に壮麗なものが現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒンドゥー教建築の言及

【インド美術】より

…平屋根の石積み祠堂の現存例は5~6世紀のものが最も古く,方錐形高塔建築のボードガヤー大精舎の原型もこの頃に成った。 グプタ時代にはヒンドゥー教建築も始まった。ヒンドゥー教寺院は神々の住居と考えられ,内外に多数の神像を刻み,仏教の僧院にあたる建造物はない。…

※「ヒンドゥー教建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒンドゥー教建築の関連キーワードゴープラムヒンドゥー教美術ヒンズーヒンズー教ヒンドゥーブードゥー教ヒンドゥー至上主義ヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone