ヒ素鉱物(砒素鉱物)(読み)ひそこうぶつ(英語表記)arsenic mineral

世界大百科事典 第2版「ヒ素鉱物(砒素鉱物)」の解説

ひそこうぶつ【ヒ素鉱物(砒素鉱物) arsenic mineral】

自然ヒ素,およびヒ素を主要な化学成分にもつ鉱物元素鉱物熱水作用により生成する硫化鉱物,さらに低温低圧の熱水作用により,また温泉,冷泉において生成する硫化鉱物および塩類鉱物,また硫化鉱物の酸化作用により二次鉱物として生成する酸化鉱物,塩類鉱物などが存在する。元素鉱物として産出する場合は自然アンチモンとの間に固溶体を形成することもある。硫化鉱物の一部はヒ素原料として利用されることがある。主要な鉱物を分類して表に示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android