コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビカリヤ ビカリヤVicarya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビカリヤ
Vicarya

軟体動物門腹足綱ウミニナ科の化石属。温暖な海域の内湾にすんでいた巻貝。殻は厚くやや大型で,表面には著しい棘状突起と螺肋がある。殻口外唇は厚く外側に広がり,その上方に切れ込み口がある。この部分は切れ込み帯となって上のほうの螺層まで続いている。特徴ある軸褶がある。日本から東南アジア,ミャンマーにいたる各地の新第三系中新統に産し,示準化石とされる。(→月のおさがり

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビカリヤ【Vicarya】

日本各地の第三系中新統から発見される大型の巻貝化石。軟体動物腹足綱ウミニナ科の1属。全体の形は長円錐形で細長く,高さは最大10cm程度に達する。殻上には大きな三角形のこぶ状突起が1列に並び,成体では殻口の外縁が外側に広がって波うっており,複雑な形態をもつ。この貝は,第三紀始新世に西太平洋の熱帯域に出現して西太平洋各地からインド洋にかけて広く分布し,中新世中期に絶滅した。日本では石垣島と長崎県高島炭田に始新世の種が知られているほか,中新世中期初頭の約1600万年前ごろを中心とするごく短い期間にだけ,北海道南部にまで広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビカリヤの関連キーワードビカリエラ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビカリヤの関連情報