コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビカリヤ ビカリヤ Vicarya

2件 の用語解説(ビカリヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビカリヤ
ビカリヤ
Vicarya

軟体動物門腹足綱ウミニナ科の化石属。温暖な海域の内湾にすんでいた巻貝。殻は厚くやや大型で,表面には著しい棘状突起と螺肋がある。殻口外唇は厚く外側に広がり,その上方に切れ込み口がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビカリヤ【Vicarya】

日本各地の第三系中新統から発見される大型の巻貝化石。軟体動物腹足綱ウミニナ科の1属。全体の形は長円錐形で細長く,高さは最大10cm程度に達する。殻上には大きな三角形のこぶ状突起が1列に並び,成体では殻口の外縁が外側に広がって波うっており,複雑な形態をもつ。この貝は,第三紀始新世に西太平洋の熱帯域に出現して西太平洋各地からインド洋にかけて広く分布し,中新世中期に絶滅した。日本では石垣島と長崎県高島炭田に始新世の種が知られているほか,中新世中期初頭の約1600万年前ごろを中心とするごく短い期間にだけ,北海道南部にまで広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビカリヤの関連キーワード尾去沢鉱山丘陵原石器野寒布岬和賀岳新第三系第三系ナウマン象台島型植物群タブーン人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone