コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビクトル3世 ビクトルさんせいVictor III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビクトル3世
ビクトルさんせい
Victor III

[生]1027
[没]1087.9.16. モンテカシノ
教皇 (在位 1086~87) 。福者。本名 Dauferius。ベネベント公家出身。多くの修道院で学んだのち,モンテカシノのベネディクト派修道院に入って,名を Desideriusと改めた。 1058年同大修道院長となり,学芸を振興して同院の全盛期を築いた。 59年枢機卿南イタリアにおける教皇代理として教皇庁とノルマン人との協調をはかった。教皇に選出されながら戴冠式がすまないうちに皇帝ハインリヒ4世一派にローマを追われ,87年戴冠された。チュニスに軍隊を送ってサラセン人を打破。ベネベント教会会議で皇帝派の対立教皇クレメンス3世を再度破門。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビクトル3世の関連キーワードウィリアムウィリアム寛治藤原妍子シルバン・ハン国ウィリアム1世モンテカッシーノウィリアム(2世)カイ・カーウース藤原道長