コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシシタ・アドバイタ Viśiṣṭ-ādvaita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシシタ・アドバイタ
Viśiṣṭ-ādvaita

インド哲学の一派,ベーダーンタ学派中の一学系。ブラフマンアートマンとはただちに同一ではないとするので,制限不二論といわれる。この論の唱道者ラーマーヌジャによると,ブラフマンは無数の美徳をもった主宰神ビシュヌにほかならない。アートマンは無知によって流転輪廻しているのではなく,最高神に対する信仰がないためにそれにそむき迷っているのである。世界はマーヤーではなくて実在性をもっている。アートマンはブラフマンの部分であり,認識し行為する。人は単なる知のみによっては解脱に到達することはできず,熱烈な信仰心をもって主宰神に対する帰依,祈念の行を実践するとき,その恩寵にあずかり,その恵みによって解脱できると説く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android