コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャーヤ ビジャーヤBéjaïa

2件 の用語解説(ビジャーヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビジャーヤ(Béjaïa)

ベジャイア

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャーヤ
びじゃーや
Bjaa

北アフリカ、アルジェリア地中海沿岸にある港湾・工業都市ビジャーヤ県の県都。人口14万7076(1998)。古い港町で、旧称のブージーBougieはフランス語で「ろうそく」を意味し、かつてはカビリア地方でつくられる蜜蝋(みつろう)の輸出港であった。現在はこの国有数の石油輸出港で、サハラ砂漠のハッシ・メサウド油田と660キロメートルのパイプラインで結ばれている。石油精製、建材、木材加工などの工業がある。鉄道と空路で首都アルジェと結ばれる。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone