コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャーヤ Béjaïa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャーヤ
びじゃーや
Bjaa

北アフリカ、アルジェリアの地中海沿岸にある港湾・工業都市。ビジャーヤ県の県都。人口14万7076(1998)。古い港町で、旧称のブージーBougieはフランス語で「ろうそく」を意味し、かつてはカビリア地方でつくられる蜜蝋(みつろう)の輸出港であった。現在はこの国有数の石油輸出港で、サハラ砂漠のハッシ・メサウド油田と660キロメートルのパイプラインで結ばれている。石油精製、建材、木材加工などの工業がある。鉄道と空路で首都アルジェと結ばれる。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビジャーヤの関連キーワードエジェレ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android