コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジュアル・マーチャンダイジング びじゅあるまーちゃんだいじんぐvisual merchandising

知恵蔵の解説

ビジュアル・マーチャンダイジング

ストア・コンセプトや売場の統一コンセプトに基づき、品揃えや店舗デザイン、プロモーション陳列方法などを連動させることによって、商品の特徴を視覚的に演出していくマーチャンダイジングの手法。単に商品陳列の視角効果を狙ったビジュアル・プレゼンテーションよりも幅広い内容と活動を含む。最初は百貨店のアパレル売場で普及したが、他業界でも採用する動きがみられる。例えば、ある時計メーカーは女性用カジュアルウオッチの販売に当たり、それまで機能別に展示していたのを6種類の色別に分類して専用什器に並べて展示するというVMDを採用、洋服などとコーディネートしやすくして効果を上げている。VMDの効果を上げるためには、商品の欠品を最小化するような商品調達が重要。

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビジュアル・マーチャンダイジング

消費者の視覚に訴える商品政策。店舗デザイン,商品の企画・仕入・陳列,宣伝,販売に独自のストーリー性をもたせ,その総合的演出効果を狙う。消費者ニーズの個性化多様化にともない,今後さらに重要となる商品政策である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報