コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスビー Visby

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスビー
びすびー
Visby

スウェーデン南部、バルト海に浮かぶゴトランド島の行政中心都市、観光都市。人口1万9835(1980)。ビーキング(バイキング)時代から交易地として知られ、13世紀にハンザ同盟が結成されるとその一員となり、国際的商業都市として繁栄した。14世紀以後は重税と略奪が相次いで衰退し、19世紀に本土との間に定期連絡船が開通してふたたび活気を取り戻した。中世の外壁が完全な形で残るほか、聖ラーシ教会をはじめとする中世の発展期に建てられた多くの教会や修道院の廃墟(はいきょ)がある。また、バラの花が多く、町は「バラと廃墟の町」とよばれて観光客でにぎわう。1995年に「ハンザ同盟都市ビスビー」として世界遺産の文化遺産に登録されている(世界文化遺産)。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビスビーの関連キーワードハーバート・ジョン・セシル クーツコンソラート・デル・マーレヱビス<ザ・ブラック>ヱビス<ザ・ホップ>東京のビールオレロン海法シルクヱビスステルス技術YOUKI大日本麦酒本多有美子中村奈央子琥珀ヱビストゥーソン金沢まこと富田麻紗子前田吟

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android