コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンCとがん びたみんしーとがん

1件 の用語解説(ビタミンCとがんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びたみんしーとがん【ビタミンCとがん】

 アメリカの科学者L・ポーリング博士が、ビタミンCの大量使用が、かぜやがんに効果があると発表してから、注目されてきました。
 これは、ふだんのビタミンC所要量(日本人では、1日50mg)の10~100倍もの大量のビタミンCを使用することにより、かぜなどの感染症、がん、白内障(はくないしょう)、動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防に効果があがるというものです。
 しかし、その効力については、いまだ確かな証明はされていません。
 米国医学会は公式に否定し、むしろ大量投与のマイナス面を指摘しています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ビタミンCとがんの関連キーワードアメリカンリーグアングロアメリカアーリーアメリカンアメリカ杉アメリカンアメリカンチェリーアメリカンドリームアーリーアメリカンスタイルジューリング皮膚炎ポージーリング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone