コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンCとがん びたみんしーとがん

家庭医学館の解説

びたみんしーとがん【ビタミンCとがん】

 アメリカの科学者L・ポーリング博士が、ビタミンCの大量使用が、かぜやがんに効果があると発表してから、注目されてきました。
 これは、ふだんのビタミンC所要量(日本人では、1日50mg)の10~100倍もの大量のビタミンCを使用することにより、かぜなどの感染症、がん、白内障(はくないしょう)、動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防に効果があがるというものです。
 しかし、その効力については、いまだ確かな証明はされていません。
 米国医学会は公式に否定し、むしろ大量投与のマイナス面を指摘しています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ビタミンCとがんの関連キーワードビタミンC

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android