コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンD3

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンD3

 C27H44O (mw384.65).

 コレカルシフェロールともいう.ビタミンD活性をもつ化合物のうち,いずれの種にも有効な化合物.肝臓で,1位が水酸化され,つづいて腎臓で25位が水酸化されて活性型となる.腸でのカルシウム吸収の促進,骨からのカルシウムの再吸収の促進,尿へのカルシウムの排泄の抑制などによって,血中のカルシウム濃度を上昇させる作用がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ビタミンD3の関連キーワード1,25シトクロムP白バラ低脂肪カルシウムデヒドロコレステロールビタミンDと代謝異常プレビタミンD3プロビタミンDプレビタミンビタミン剤ミネラルくる病肝油乾癬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミンD3の関連情報