コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビターチョコレート

3件 の用語解説(ビターチョコレートの意味・用語解説を検索)

チョコレート・ココア辞典の解説

ビターチョコレート

ミルク(乳製品)が入らない、カカオマスが40〜60%のチョコレートのことをいいます。
ビターチョコレート(英:bitter chocolate)
ブラックチョコレート(英:black chocolate)
スイートチョコレート(英:sweet chocolate)
プレーンチョコレート(英:plain chocolate)
という呼び方があります。

■ ミルクが少し入ったチョコレートもビターチョコレートということがあります。

■ チョコレート・ココアの製造工場の用語で、カカオ豆から外皮を取り除いて磨砕して出来るペースト状のものをいいます。
これを カカオリカー(英:cocoa liquor)
チョコレートリカー(英:chocolate liquor)ということがあります。
特に、わが国では、第二次世界大戦前後の一時期に、カカオマスのことをビターチョコと称したことがあります。現在では、カカオマス(英:cocoa mass) と呼ばれています。

■ わが国の洋菓子関係では、
ダークチョコレートと称する例があります。

■ 一部に、糖分や乳製品分が少なく苦味の多いチョコレートのことをいうことがあります。また最近では、カカオ分70〜90%という低糖のチョコレートのことをいう場合もあります。

■ カカオマス(英:cacao mass)
・カカオ豆から外皮を取り除いて磨砕して出来るペースト状のものをいいます。
現在は、カカオリカー、チョコレートリカー、ビターチョコレートなどもカカオマスと
呼びます。
・カカオ豆からココアバターを搾油した後のもの(チョコレート色の部分)を、
ココアバターと区別していう場合があります。この場合もココアバターは含まれています。

■ ココアバター(英:cocoa butter)
カカオ豆を搾油して得られる淡黄色の植物油脂です。
カカオ豆には58〜53%のココアバターが含まれています。

出典|日本チョコレート・ココア協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビター‐チョコレート(bitter chocolate)

ミルクの少ない苦味の強いチョコレート。製菓原料となるプレーンなチョコレートを意味することもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ビターチョコレート

 →スイートチョコレート

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビターチョコレートの関連キーワードエバミルクミルクチョコレートココアパウダーカカオ脂カカオバターカカオマスサワーミルク鼠入らずミルクプラント

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビターチョコレートの関連情報