コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビダール・ド・ラ・ブラーシュ Vidal de la Blache, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビダール・ド・ラ・ブラーシュ
Vidal de la Blache, Paul

[生]1845.1.22. エロー,ペズナ
[没]1918.4.5. バール,タマリスシュルメール
フランスの地理学者。 1866年歴史,地理教授資格を獲得し,71年博士論文を完成。 77年エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) の講師となり,数多くの著名な弟子を育てた。 91年『地理学年報』 Annales de géographieを創刊し,98~1918年ソルボンヌの正教授。史的方法を取入れ,環境可能論といわれる人文地理学の体系を確立した。この学派は,フランス学派といわれ,弟子たちによって画期的な世界地誌が完成した。主著に『フランス地理概観』 Tableau de la géographie de la France (1903) ,『人文地理学原理』 Principes de géographie humaine (22) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビダール・ド・ラ・ブラーシュの関連キーワードドマンジョンマルトンヌ飯塚浩二ブリュヌソールガロア

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android