コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグパイプ

1件 の用語解説(ビッグパイプの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビッグパイプ

多数のクライアントからのアクセスが集中するネットワークの部分に対し、より高いバンド幅を与えること。またはそのように構成されたネットワークの部分。たとえば、いくつかのサーバーに多数のクライアントからのアクセスが集中するような10BASE-Tネットワークでは、クライアントからのアクセスが、サーバーが接続されたポートに集中することになる。この部分がクライアントと同程度のバンド幅しかないと、これがボトルネックとなって、ネットワーク全体のスループットを低下させてしまう可能性がある。そこでこのような場合には、たとえば100BASE-TX(100Mbps)を一部のポートに持つスイッチングハブを導入し、この高速なポートにサーバーを接続することで集中するトラフィックに対応するのが一般的である。この際サーバーが接続されたポートは、他のクライアント(10BASE-T)の接続に比較してバンド幅が高く、あたかもそこだけが太いバイプ(big pipe)のようになることから、このように呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone