ビットバレー(読み)びっとばれー

ASCII.jpデジタル用語辞典「ビットバレー」の解説

ビットバレー

東京・渋谷のインターネット関連のベンチャー企業が集中する周辺地域を指す呼称。渋谷の地名から、(渋い:Bitter)と(谷:Valley)をかけて「Bit Valley」と命名されたもの。1999年2月に渋谷周辺のベンチャー企業の経営者らが発表した有能な起業家を輩出しようとする活動「ビットバレー構想」がきっかけとなり、渋谷がその拠点となっていた。現在は、大きな集積地域でなかった御茶ノ水駅、九段下駅周辺に新たな集積が生まれつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ビットバレー」の解説

ビット‐バレー

《〈和〉bit+valley》インターネット関連のベンチャー企業が集まる、東京都渋谷区とその周辺の通称
[補説]渋谷を「渋い(bitter)谷(valley)」と解したものと情報量の単位「ビット(bit)」を掛け、米国のシリコンバレーに倣って名付けられたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android