コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報量 じょうほうりょう

5件 の用語解説(情報量の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

情報量

集められた情報の量のこと。情報量にまつわる学問である情報理論は、Claude Elwood Shannon氏によって考えられた。Shannon氏は、情報というあいまいな概念を、対数関数によって数値化することで、正しく認識できるようにした。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

情報量【じょうほうりょう】

情報理論で定義される情報の量。S種類の符号をn個並べて作る記号系列の一つのもつ情報量はnlog Sで表される(ハートリーの定義)。シャノン確率過程論を導入してより広義な立場から情報量やエントロピーを定義した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうほうりょう【情報量 quantity of information】

情報を物理量と同様に定量的に捉えることができることに気づいたのは比較的最近のことであり,この認識が今日の情報化社会を支える基礎技術の根幹をなしているといっても過言ではない。情報量とは,数学的に定義された情報源モデルから生成されるデータの本質的部分を(工学的立場から)定量化したもので,情報に対してわれわれが抱いている直感的な性格を反映しており,情報機器の設計にとって大きな指針を与える概念である。
[テキストディジタル化]
 二つの状態をとりうる物理素子は1ビットの記憶素子として利用することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報量
じょうほうりょう
amount of information

一般に社会活動のなかで伝達あるいは蓄積される情報量は,図書数,論文数,通話数,特許出願数などの統計量によって単純に表現される。しかし情報理論では,通報を受取る側に不確定性があるとき,それをどの程度確定させるかが情報量である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

情報量

一つの通報を受け取ったときに,その通報の中に含まれる情報の量を客観的な数量で表現したもの.ハートレー(Ralph Vinton Lyon Hartley 1888-1970)は,情報量を不確実さの数の対数として定義した.すなわち,文字の種類がKであるとき,1文字の情報量をlog Kと定義した.したがって,長さnの通報の情報量は,nlogKとなる.シャノン(Claude Elwood Shannon 1916-2001)は,文字の生起確率を導入して1文字の情報量をエントロピーで定義した.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報量の関連キーワードMIS数量化理論線密度定量目標/定性目標物理変化物理量アナログ計算機軸対称マクロ経済Π定理

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報量の関連情報