ビテブスク(英語表記)Vitebsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビテブスク
Vitebsk

ベラルーシ北部,ビテブスク州州都。首都ミンスクの北東約 220km,西ドビナ川にのぞむ。 1021年の記録に現れ,砦をもつ交易都市として発展。 1320年にリトアニア,のちポーランドの所領となり,1772年ロシア領となった。北方戦争,ナポレオン戦争,第2次世界大戦で多くの被害を受けた。主要工業は繊維 (絨毯,絹,メリヤス,靴下) ,皮革,機械 (工作機械,電子測定器具,ラジオ部品,時計部品) ,食品 (油脂,製粉,食肉) ,木材加工,建設資材などの工業である。教育,医科軽工業などの大学,郷土博物館がある。鉄道,ハイウェー分岐点。人口 36万 1500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android