交易都市(読み)こうえきとし

日本大百科全書(ニッポニカ) 「交易都市」の意味・わかりやすい解説

交易都市
こうえきとし

外国貿易や国内での商業都市のおもな機能となって成立、発展している都市。交通の重要な地点に成立することが多い。また、商業機能か港湾機能が優れているため、交通都市商業都市港湾都市と重複することが多く、現在ではこの用語はあまり用いられていない。交易都市では各地域の品物交換(取引)が盛んで、多くの品物を取り扱う商人のため、都市は活況を呈する。かつてシルク・ロードに、このような交易都市が発達していた。

沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の交易都市の言及

【都市】より

…原料物資の流入,製品の流出が特徴である。(2)交易都市 商業が活発で地域の中心としてにぎわっている商業都市,貿易港として発達した貿易都市,交通路の交錯や交通手段の変換の地にできた交通都市の3種がある。物資の流動に関係する都市である。…

※「交易都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android