コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビハールシャリーフ Bihār Sharīf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビハールシャリーフ
Bihār Sharīf

別称ビハール。インド北東部,ビハール州中部の町。ガンジス川の支流パイマールナディー川東岸に位置。 10世紀のパーラ朝の首都であった。5世紀のグプタ朝時代の石柱イスラムモスク墓所などがある。郊外には大ビハーラ (僧房) の遺跡があり,町名もこれに由来。農産物交易の中心地ブッダガヤのマガダ大学のカレッジがある。人口 20万 976 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビハールシャリーフの関連キーワードナーランダ遺跡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android