コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビューゲル 〈ドイツ〉Bügel

大辞林 第三版の解説

ビューゲル【Bügel】

電動車の集電装置の一種。鋼管製の枠の先端の摺り板を架線に接触させて集電するもの。主として低速の路面電車などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビューゲルの言及

【集電装置】より

…電車,電気機関車,トロリーバスなどの電気車両が,空中に架設した架空電車線(架線),あるいは走行用レールと別に地上に設けた導電レール(第3軌条という)から電気を取り入れるための装置。架空電車線から集電する装置としては,トロリーポール,ビューゲル,パンタグラフなどがあり,また,導電レールから集電する装置としては集電靴がある。日本最初の電車では,架線が複線式であったことと速度も低かったためトロリーポールが用いられた。…

※「ビューゲル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ビューゲルの関連キーワード先天性股関節脱臼パンタグラフ電動車一種先端低速

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android