コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリトン岩 ビリトンがんbillitonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリトン岩
ビリトンがん
billitonite

ビリトナイトともいう。テクタイトの一種。黒曜石様の天然ガラスの岩石粒で,マレー半島近くのジャワ島のビリトン諸島で発見された。化学組成 (単位%) は二酸化ケイ素=70.50,酸化アルミニウム=12.53,酸化鉄=5.84,酸化マグネシウム=3.07,酸化カルシウム=3.14,酸化ナトリウム=1.75,酸化カリウム=2.28,二酸化チタン=0.84,一酸化マンガン=0.16で,地球上の岩石としては化学組成上,流紋岩などの酸性岩にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビリトン岩の関連キーワードビリトナイト

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android