コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリトン岩 ビリトンがんbillitonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリトン岩
ビリトンがん
billitonite

ビリトナイトともいう。テクタイトの一種。黒曜石様の天然ガラスの岩石粒で,マレー半島近くのジャワ島のビリトン諸島で発見された。化学組成 (単位%) は二酸化ケイ素=70.50,酸化アルミニウム=12.53,酸化鉄=5.84,酸化マグネシウム=3.07,酸化カルシウム=3.14,酸化ナトリウム=1.75,酸化カリウム=2.28,二酸化チタン=0.84,一酸化マンガン=0.16で,地球上の岩石としては化学組成上,流紋岩などの酸性岩にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビリトン岩の関連キーワードビリトナイト

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android