コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリャク Bil'ak, Vasil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリャク
Bil'ak, Vasil

[生]1917.8.11. プレショフ近郊クライナービストラー
チェコスロバキアの政治家。ルテニア人の小作人の子で,農業労働者,次いで仕立屋となった。 1944年スロバキア蜂起に参加,第2次世界大戦後 45年に共産党に加入し,スロバキアの党機関に勤務。 52年プラハ党学校卒業,54年党中央委員に就任。 60~63年スロバキア民族評議会議長,62年党書記。 68年1月に A.ドプチェクの後任としてスロバキア党第一書記になったが,ソ連軍の介入に際して協力者の役割を果したためその地位を G.フサークに譲り,一時指導的地位からはずされた。 68年末に「正常化」の進行とともに党幹部会員兼国際経済関係担当の党書記に昇進。 70~88年党イデオロギー委員長をつとめ 89年党除名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビリャクの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦ロマノフ朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android