ルテニア人(読み)ルテニアじん(英語表記)Ruthenians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルテニア人
ルテニアじん
Ruthenians

古代キエフ・ルーシ (→キエフ公国 ) の住民に対するラテン語名。近代になると,(1) ウクライナ人 (小ロシア人) ,(2) ブコビナガリチアウクライナ語を母国語とする住民,(3) ウクライナ語系の言語を話すハンガリー北東部の住民をさすようになった。本来この語はオーストリア人,ハンガリー人,チェコ人,スロバキア人,ポーランド人によって使用され,ルテニア人自身はむしろ「ウクライナ人」と自称する場合が多い。 18世紀のポーランドの分割以後はロシアとオーストリアの支配下におかれ,現在ウクライナに属する。大半がギリシア正教徒かブレスト・リトフスクの教会合同 (1596) による帰一教会に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルテニア人
るてにあじん
Ruthenenドイツ語

オーストリア・ハンガリー帝国内に住んだウクライナ人のドイツ語名。カルパティア・ウクライナ人とも称され、大部分は東ガリツィアでポーランド人と、ブコビナでルーマニア人、ドイツ人と混住する。オーストリア・ハンガリー帝国の総人口5139万(ボスニア・ヘルツェゴビナを含む)のうち、ルテニア人の人口は、オーストリア地域で352万、ハンガリー地域で46.4万であった(1910)。住民の多くはギリシア正教徒で、オーストリア政府の民族政策に利用されつつ、19世紀後半しだいに民族意識に目覚める。第一次世界大戦後、ルテニア人居住地域は、連合国の承認のもとにポーランド、ルーマニア、チェコスロバキアに分割支配されたが、第二次世界大戦中にソ連の手で、ウクライナ共和国に編入された。[稲野 強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android