コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロードコガネ Maladera japonica

2件 の用語解説(ビロードコガネの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビロードコガネ【Maladera japonica】

甲虫目コガネムシ科の昆虫(イラスト)。小型で体長8~9mm。体は黒色または暗赤褐色で,上翅は後方へやや幅広くなる。前脚の脛節(けいせつ)の外縁には3個の歯がある。北海道から九州まで分布し,成虫は4月末ころから出現する。成虫は葉を食し,土中へ産卵する。幼虫は根を食べて成育するため,しばしば苗木などが加害される。卵から成虫までの期間は1~2年。秋,成虫となったものはそのまま越冬し,翌春地上へ現れる。幼虫は2齢または3齢(終齢)で越冬するが,3齢の体重は2齢の約5倍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロードコガネ
びろーどこがね
[学]Maladera japonica

昆虫綱甲虫目コガネムシ科ビロードコガネ亜科Sericinaeの昆虫。日本各地に分布する。体長8、9ミリ。黒色から暗赤褐色で光沢がなく、ビロード状を呈し、卵形で背面は強く膨れる。前脚の脛節(けいせつ)外縁は先端に二歯があるほか、手前にごく鈍い歯か角張りがある。4月ごろから現れ、草原や畑地におり、夜は灯火にも飛んでくる。幼虫は土中で草の根を食べて育ち、一世代は1~2年、秋に羽化したものはそのまま越冬する。近縁種にはヒメビロードコガネ、カミヤビロードコガネ、アカビロードコガネなどがある。ビロードコガネ亜科の種類は、小形で卵形ないし長楕円(だえん)形で体表の光沢が鈍いものが多く、おもに夜間に活動する。日本産は約80種が知られているが、そのなかではヒゲナガビロードコガネ類、チャイロコガネ類の種類が多い。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビロードコガネの関連キーワード牙虫甲虫米搗虫猿葉虫雪隠金亀子黄金虫粉吹金亀子塵芥虫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone