コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長閑 ノドカ

デジタル大辞泉の解説

のど‐か【長閑】

[形動][文][ナリ]
静かでのんびりとして落ち着いているさま。「長閑な正月気分」「長閑な口調」
空が晴れて、天候が穏やかなさま。うららかなさま。「長閑な小春日和」 春》「几巾(いか)白し―過ぎての夕ぐもり/太祇
ゆったりとくつろぐさま。急がないで気長に構えるさま。
「その日―に暮らして、またの日帰る」〈かげろふ・中〉
気にかけないさま。のんき。
「人数なる世もやと待つ方は、いと―に思ひなされて」〈帚木
[派生]のどかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のどか【長閑】

( 形動 ) [文] ナリ 
(外界の状態が)穏やかで、のびのびと気持ちよく過ごせるようなさま。 「 -な田園風景」
天気がよく、穏やかなさま。 [季] 春。 《 -さに無沙汰の神社廻りけり /太祇 》 「 -な春の日」
心にかかることもなく、落ち着いて、のんびりとしているさま。 「 -に日を暮らす」 「 -な心」
(動作・態度が)落ち着いていてあわてないさま。悠然としたさま。 「人人心をまどはしてののしるに、君はいと-にて/堤中納言 虫めづる
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長閑の関連キーワード馬場信春(2)長閑やか池田政方榎並貞因植松有信何かせん真葛長造心長閑無尽蔵野遊山刻意甲虫読声顔鳥季語

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長閑の関連情報