コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーダル Bīdar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーダル
Bīdar

インド南西部,カルナータカ州北東部にある古都。ビーダル県の行政庁所在地。ハイデラバード北西約 110kmに位置。ヒンドゥー王朝時代から地方の主要都市で,城塞が建てられていたが,1430年アフマド・シャーによりバフマニー朝の首都,同王朝の分裂 (1492頃) 後は,バリード・シャーヒ朝の首都となった。 17世紀からはアーディル・シャーヒ朝,ムガル帝国,ハイデラバード王国の支配下となり,独立後,カンナダ語使用地域として当時のマイソール州に帰属。手工芸が盛んで,独特の紋様を施した金属製の銃,盆,灰皿などが特に知られる。はなやかなペルシアタイルで飾られたランギンマハルなど,多くのイスラム建築物が残り,ジャーシーマスジッド=モスク,ソーラクーンバ=モスクは,バフマニー様式の代表といわれる。人口 10万 7542 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビーダルの関連キーワードビジャープル王国ビーダル王国

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android