コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビールムギ Hordeum distichum L.

世界大百科事典 第2版の解説

ビールムギ【Hordeum distichum L.】

ビールの原料とするために栽培されるイネ科の二年草二条オオムギともいう。オオムギの穂は,原則として,3個ずつの小穂が穂軸の左右に交互につくが,二条オオムギでは3個の小穂のうち両側の2個が退化している。このため左右に粒が1列ずつ,2条につく。一般に粒が豊満で実りがよく,ビール原料に適する。このほかビール用には,色沢よく斉一で,発芽歩合が高く,タンパク質含量が少ないなどの条件が要求される。日本ではビールムギは,醸造会社と契約栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビールムギ
びーるむぎ

ビールの醸造原料とするオオムギ。日本では二条オオムギがビール醸造専用品種として栽培されるので、二条オオムギの別名となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビールムギの言及

【オオムギ(大麦)】より

…イネ科の越年草で,生産量がコムギ,イネ,トウモロコシに次ぐ世界第4位の穀物である。六条オオムギHordeum vulgare L.と二条オオムギH.distichum L.に大別される。
[形状]
 茎は中空で直立し,高さ約1mになる。茎葉はコムギによく似ているが,葉はやや短くて堅い。4~5月ごろ,茎頂から穂を出す。穂の各節に三つずつ並んで小穂がつき(イラスト),それらが互生するので,穂には粒が縦に6列に並ぶ。…

【ビール】より

…麦芽を主原料として醸造した,炭酸ガスを含むアルコール飲料で,ホップに由来する苦みを有し,持続性の泡を生ずる特徴がある。世界中で最も多く消費されている酒で,世界の1992年の製造量は1億1470万klであった。
【ビールの種類】
 ビールは製造に使用する酵母によって,上面発酵ビールと下面発酵ビールに2大別される(表1)。このほか,色,発酵前の麦汁濃度,製造法,使用原料などによっても分けられる。上面発酵ビールに使用する酵母は,発酵末期に液面に浮上して粘稠(ねんちゆう)性の層となるのに対して,下面発酵ビールに用いる酵母は,逆に末期には凝集して底面に沈む。…

※「ビールムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビールムギの関連キーワードビール(アルコール飲料)アルコール飲料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android