コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス2世 ピウスにせいPius II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス2世
ピウスにせい
Pius II

[生]1405.10.18. コルシニャノ
[没]1464.8.15. アンコナ
教皇 (在位 1458~64) 。人文主義者。本名 Enea Silvio Piccolomini (文学者としては Aeneas Silivius) 。 1447年トリエステ,49年シエナ司教。 56年枢機卿。対トルコ十字軍派遣に精力を注いだが,フランス,ドイツとの対立ではかどらず,最後にみずから軍を率いて立とうとして没した。その間 60年には公会議首位説を排する大勅書 Execrabilisを出した。歴史,地理,教育学の著作のほか,書簡集,さらに世俗的な恋愛小説"De duobus amantibus Eurialo et Lucresia" (1444) ,戯曲"Chrysis",自伝などを残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス2世

生年月日:1405年10月18日
教皇(在位1458〜64)
1464年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ピウス2世の関連キーワードロッセリーノ(Bernardo Rossellino)エネア・シルビオ・ピッコロミニピエンツァ市街の歴史地区ピッコローミニ宮殿ピエンツァ大聖堂ピントリッキョピッコロミニ家ピウス二世広場ピオ(2世)ピエンツァピウス3世生年月日イジーチボリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android