ピエトロ・ダ・コルトーナ(読み)ぴえとろだこるとーな(英語表記)Pietro da Cortona

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピエトロ・ダ・コルトーナ
ぴえとろだこるとーな
Pietro da Cortona
(1596―1669)

イタリアの画家、建築家。本名Pietro Berrettini。中部イタリアのコルトーナに生まれる。フィレンツェ出身の画家アンドレア・コンモディに師事、1612年、師に随行してローマに出た。ただちに優れた技量を認められ、サッケッティ家やバルベリーニ家など名門の後援を受けるようになるが、とくにバルベリーニ家の依頼によるサンタ・ビビアーナ聖堂の壁画『聖女ビビアーナ物語』(1624~26)、パラッツォ・バルベリーニの天井画『バルベリーニ家の栄光』(1633~39)がよく知られている。この天井画制作中、トスカナ大公フェルナンド2世の要請でパラッツォ・ピッティの装飾を依頼されるが、神話物語を主題にした壁画の制作が実施されたのは40~47年である。その後、世を去るまでローマで制作を続け、パラッツォ・パンフィーリの壁画(1651~54)やヌオーバ聖堂の壁画(1664~65)の大作を残した。建築作品としてはローマのサンタ・マリア・デッラ・パーチェ聖堂が傑出しており、その古典様式にはバロックの萌芽(ほうが)が認められる。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android