コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピオシン pyocin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオシン
pyocin

細菌が生産する他の近縁の細菌に対しての抗菌物質をバクテリオシンと総称するが,そのうち緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa (旧名 P. pyocyanea) が生産するものがピオシンである。感受性細菌の表面には,きわめて特異性の高い受容部位 (レセプター) があり,ピオシン1分子で1個の細菌を溶菌させるという。ピオシンは F.ジャコブによって発見された (1954) が,その後数種類に分類された。いずれも蛋白質,あるいは蛋白質と糖脂質の複合体である。一部のピオシンは,精製して電子顕微鏡で観察すると,バクテリオファージの尾状の構造をもっており,ファージの溶菌能力との関連が論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android